葬式の簡素化について

社会変化の影響で変わる葬儀形態

現代の日本社会はこの十数年の間に様々な面で昔とは違った様相を見せています。

 

パソコンの普及で多くの方々がインターネットで色々な情報を得ておりますし、テレビや雑誌などのマスコミでも昔はタブーとされてきた個人のセックス問題でも葬式問題でも開けっぴろげに話が出来る時代です。

 

葬儀社の宣伝もテレビは勿論のことインターネットサイトやブログも駆使してアピールしています。

 

このような情報機器やマスメディアのお陰で私達一般人も、昔でしたら年配の先輩たちに聞かなければ分からない知識をインターネットなどで調べることができます。

 

特に初めて身内の誰かが帰らぬ人になった時の葬儀については誰もが経験は少ないものですから、どのように葬儀をしたら良いかもわかりません。

 

資金がどの程度必要で世間にみっともなくない葬儀が出来るのかも判らないものです。

 

葬儀の祈祷をお願いするお寺の住職にお願いする方法やお布施をいくら用意すべきかもわかりません。

 

日本の現代社会は少子高齢化時代ですから一人っ子も多くいますので祖父母や両親などの葬儀費用は大変な負担になります。

 

このような時代の影響で最近では葬儀について簡素化して行なう考え方をする方が増えてきています。

 

日本の住環境も生活様式も昔のように何世代も家族が同居する時代では無くなって個人主義が蔓延しています。

 

従って親子や兄弟親戚などの肉親関係の意識も薄くなってきていますので、子供が自立しますと親子間の連絡もほとんど取らなくなっています。

 

結果として子供の声も分からなくて振り込み詐欺の被害者になってしまう方が一向に減りません。

 

このような時代感覚ですから肉親の葬儀についても変化がでて来ており、葬儀に対する責任意識も希薄で古くからの伝統にこだわらない方が増えているのが実情です。

葬儀形式の変化

日本国内でも地域によって葬儀の形式も違いますしお寺によっての葬儀の方法も違いがあります。

 

地方などでは自宅の故人を布団に寝かせた状態で故人の枕元で住職が経を上げる「枕経」という形式をとる住職もありますが、東京などでは枕経を省いているところがあります。

 

また、最近では通夜も葬儀も省いて仏教などの宗教形式によらないで火葬・直葬という方法をとられる方の増えております。

 

日本の人口構造が少子高齢化になって老人が増えて、その老人人口を支える若者が減少した形になっておりますので様々な社会変化を起こしています。

 

医療問題や社会福祉に関するも国の財政が破綻寸前になっていたりしますし、身体不自由や認知症などで自立して生活を営めない介護を必要とする老人が増えていても、その方たちを面倒見る若者がいなくなってきております。

 

不況が続いてきた中では若者たちにとっても親や祖父母までもを支えられる余裕はありませんので介護は落ち論のこと、不幸が起きても故人の旅立ちを見送るための昔ながらの葬儀を行なうことも儘なりません。

 

今までは葬儀については故人が生前からお付き合いの有った方々やや子供など遺族の関係者が香典を持参して葬儀に集まってくれて故人を偲んでくれました。

 

この香典の金額で葬儀にかかる費用が賄えたものでしたが、現在の社会では近所付き合いも少なく仕事も引退した老人となった故人の友人や関係者も昔のように葬儀には集まらないことが多くなっています。

 

結果として葬儀費用やお寺に支払うべきお布施などについても限定されています。

 

この問題に拍車をかけている別の理由には、親が子供達に自分の葬儀のなめに「迷惑を掛けたくない」という意識が有って、生前に子供に「葬儀無用」や「簡素な葬儀」を言い残しているケースも増えております。

 

 

お勧めサイト

リスニングが苦手な人のための超簡単勉強法
http://www.topmbtstore.com/

 

リスニングが苦手な方必見。
誰でも簡単にリスニングが得意になれる勉強法を紹介しています。

 

 

まつ毛エクステとつけまつげの比較
http://www.cheapnfljerseyshotmail.com/

 

まつ毛エクステとつけまつげの違いを細かく解説してくれているサイトです。
興味がある方は一度のぞいてみてください。